ツアーナースの仕事で役立つ資格

・旅程管理主任者の資格があれば便利です。

旅程管理主任者の資格があれば、旅程や時間の管理が出来ます。
ツアーナースは旅行やイベントの参加者の健康を管理するお仕事ですが、旅行内容や参加者によっては健康面を考えて旅程や時間を考えなければいけない事もあると思います。そうするとイベントの詳細に合わせて健康管理を考えなければいけない手間が増えてしまいます。

 

 

旅程管理主任者の資格は普通ツアーコンダクターが持っているものですが、その点資格を取得すればその第二者密に連絡を取る必要もなく、健康面も考えられたツアー内容を自分で立てる事が出来ます。

 

 

・旅程管理主任者の資格と臨床経験3年以上

旅程管理主任者の資格は旅程管理研修を行い、添乗経験がある人に与えられます。
一見、添乗経験と聞けば難しく感じられるかもしれませんが補助添乗員としてツアーに同行すればその分楽に資格を取れるようになります。

 

他には勿論看護師として資格を持っているのが必要になります。またこれは資格とは関係ないのですがコミュニケーション能力もあるのが求められます。
ですが臨床経験が3年上あるのが望ましいと言う条件もあるので、それをクリアしていれば自然とそのコミュニケーション能力も備わっているのではないのでしょうか?

 

 

・他に有利な資格と経験面

他には保健師や救急救命士と言った資格も有利ですが、これらは採用側が「あったら安心できる」と言う程度で必須ではありません。

 

なお、職場ナースとしてのブランクが一年以上あると難しいと言われています。ツアーナースはその短期の仕事の特性上、休業中の副業として行っている人が多いです。

 
しかし「ブランクが一年以上〜」休業してるけどあまり間が経っていないと言うのが、必然的に条件になります。 もしあなたがブランクが一年以上で、それでもツアーナースをしたいのであれば旅程管理主任者や、保健師などの資格を習得した方が良いのではないでしょうか?

 

また参加者の健康を一人でもしくは24時間見なければいけないので、体力も必要になっていきます。

 

 

・ツアーナースと言う資格はありません。

そしてツアーナースと言う資格はない分、返ってナースとしての経験を見られます。ツアーナースは病院のと違って医者がいません。だからこそ参加者のトラブルにきちんと対応できるか必要になります。

 
ですので総合的に見て資格以上に問われる事が沢山あります。あなたが子供の頃、修学旅行時に憧れたナースがいればその方を。いなければ今の自分がその現場にもしいたら役に立てるだろうか?など想像力を働かせてみるのも良いかもしれません。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ
外国通貨を売買

このページの先頭へ