旅行添乗員でもあるツアーナースの条件や仕事内容

・ツアーナースの仕事内容と条件とは?

ツアーナースとはその名の通り、修学旅行など集団でのツアーに添乗するナースの事です。

 

仕事内容としては各参加者の健康を管理し、いざという時は手当をします。
行先によって気温や風土、海外では時差も違ってきますのでそう言った慣れない場所で起こりうる自体に備えて、適切に行動することが求められています。

 

参加者のケアのために各行き先でツアーナースは一定の場所に待機する事もあるので、その際に観光スポットを楽しむと言う事は出来ません。

 

できればその行き先に、以前に行ったことのある人が添乗するのが望ましいのですが必ずそう出来ることはありませんよね? ですので自分の知らない地でもきちんと看護できると言うガッツと体力がある人が、ツアーナースになれる条件というか相応しい人です。

 

 

またツアーナースはきちんと看護師の経験があるのが前提になります。24時間勤務とも言われるツアーナースですが、だからこそ毎日仕事をしている人でないと任せられませんよね。

 

 

・ツアーナースの実態

ツアーナースは定期的にできる仕事ではなく単発になるため、自然と副収入と言う位置づけになります。
実際に普段は病院で看護師として働いてるけど、自分の休日を使ってツアーナースとして参加して報酬を得る人も多いようです。
また旅行者にはなれないものの、家や職場でもないいつもと違った景色が見にれるので気分転換できると言うのも理由の一つとして上げられます。

 

 

・ツアーナースの給料

ツアーナースの給料はその特徴的な仕事ののめ、日当や一回の添乗につき○○円と言う形式のようです。時給制としても数えられません。
日当換算としたら1万2千円前後であることが多く、海外が行き先だと数千円分そこから高くなります。

 
割に合わないと言う感じもしますし、海外のも勝手の違いや語学力が必須になってくるようなものも考慮したらあまり給料が上がらないなと言う感じですが、運賃は勿論無料でホテル代もタダにしてくれる所もあるようなので、いつものナースの仕事におまけ感覚で旅行が付いたと思えば、得した気分になるのではないでしょうか?

 

ただ次のように時給として考えて超過分も加算してくれる所もあるようです。

 

「[基本賃金]業務3時間以内 ¥12,000
[加算時給]業務時間が3時間を越えた場合、時給¥3,000を30分単位(¥1,500)で加算します。
[交通費]現地まで往復¥2,000を別途支給します。遠距離移動の場合は別途実費支給。」

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ
外国通貨を売買

このページの先頭へ