海外でのツアーナースの仕事内容

海外でのツアーナースとしての仕事内容は国内との違いはありません。
ただやはり語学力が必要になります。必ずしも必須になっているわけではありませんが、現地の医者とやり取りを行うためあった方が派遣されやすいのも事実だと考えられます。

 

ところで海外を修学旅行先としている学校も珍しくありません。そこでは最近人気のある韓国や中国といったアジア地域やハワイやヨーロッパもよく候補地として選ばれいてるようです。アジア各国の言葉もしくは英語が使えると、良いようです。

 

そして気候や気圧の違いもありストレスや体調面に負担がかかりやすくなります。そう言った負担を和らげるためにやはりコミュニケーション能力もきちんと備わっていないといけません。

 

 

・海外でのツアーナースの実態

ツアーナースが必要なのは修学旅行を除けば高齢者や障害者と言った比較的健康管理を必要としている人がいる場合なので、海外旅行をする人も必然的に少なくなります。ですので国内でツアーナースのお仕事をするよりも活躍の場はありません。

 
ただ海外に移住し、その国の人として看護師として活躍するには海外の免許も必要になるなと敷居は高くなります。その点ツアーナースとして同行する分にはその心配はなく、「もし海外旅行に同行しないか?言われたら、自分の語学力を活かして気軽にやろう」みたいな感覚で出来ます。

 

しかしせっかくの海外であっても、特定の場所で待ち観光地巡りが出来ないと言うことも珍しくないのでやはり普通の旅行者気分にはなれません。

 

ちなみにナース登録制求人サイトによって、国内か海外かの割合も違ってくるようです。海外ので狙いたいならそこを後者の割合が多い場所に登録されてはいかがでしょうか?

 

・看護師求人サービスがお薦め

そして海外でのツアーナースのお仕事を探すなら、やはりハローワークではみつかりません。なので、看護師求人サービスを利用するのが一番です。

 

 

ところで、海外旅行になると日給が国内時より数千円プラスされるようです。
一見高いように見えるかもしれないこの値段ですが、派遣されるおおよそのナースが外国語を使える点を考慮しててでしょう。

 

しかし衛生面で日本より劣っている国が多いのが事実です。ですので自分自身の健康管理にも国内時より気を使う必要があります。 その高くなった給与が自分の健康管理費用に消えるかもしれません。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ
外国通貨を売買

このページの先頭へ